次世代の管理職を育てる研修レポート「新卒研修という名のリーダー研修」

変人のひとりである研修講師の山村さんと、新入社員研修をつくり実施しました。新人だけでなく、リーダーも育成するプログラムです。
*opnlabの変人とは「変わり続ける人、変革をおこす人、エッジの立ったプロフェッショナル」の意味

新卒の新入社員を受け入れることは中小企業にとっては大変なプロジェクトです。なぜなら、まっさらな状態の新人に対し、忙しい中小企業の現場は、なかなか基本的なところまで教えきるのが難しいからです。多くは、教育係をつけて現場でOJTを始めるか、外部の研修を受講させたりしています。

OJTで教える仕組みが整っていなかったり、教育担当が忙しかったりすると、新人のモチベーションが一番高い時期に、新人が放置されてしまうことが多々あります。また、研修の内容そのものが現場とリンクしていないと、せっかく受講した研修をいかす前に忘れてしまいます。

そこで、新人とリーダーの研修をまとめてしまったのが、新卒研修という名のリーダー研修です。

この研修では、新入社員の教育担当となるリーダーが、新入社員への仕事の伝え方や、仕事への取り組み方を学びます。

研修の構成は、以下のとおりです。
1. リーダー研修
2. 新人、リーダー研修
3. 振り返り

1の「リーダー研修」では、リーダーが知っておくべき新入社員とのコミュニケーションのポイントを学びます。

例えば、一番最初に新入社員が知りたいことは何か。会社のビジョンでしょうか? 右も左もわからない新人は、トイレの場所もわかりません。まずは基本的な会社での過ごし方を伝え、安心安全な場所であることを認識してもらい、それから徐々に仕事、そして会社の向かう方向性などを共有していきます。

2の「新人、リーダー研修」では、一緒にビジネスマナーや仕事への向き合い方を学びます。

遅刻するということは、周りにどんな影響を与えるのか。上司は仕事の報告で何を知りたいか。など、新人とリーダーがペアになって考えます。これは、リーダーにとっても基本を振り返る良い機会になります。

3では、1ヶ月たった後、どのように仕事を進めてきたかを振り返り、今後について考えます。

今回は3月から5月にかけて実際に新人・リーダー向けの研修を行いました。今後は「新卒研修」ができるリーダーを育てる研修プログラムを提供していく予定です。社内で「新卒研修という名のリーダー研修」を実施できる仕組みを提供します。

これにより、若手のリーダーが新卒に

  • 仕事への向き合い方
  • マナー/敬語
  • コミュニケーションスキル

などを教えることができるようになります。

そうすると、次のようなことが期待できます。

  • リーダーも成長する
  • 外部の新人研修に行く必要がなくなる
  • リーダー層と新卒の関係がグッと近づき新人の離職を防ぐ

もし「新卒研修という名のリーダー研修」の導入研修に興味がある方は、下記のようなスケジュールでご検討することをおすすめします。お気軽にお問合せご相談ください。

  • 10月から12月 リーダー研修(オプンラボより提供する研修プログラム)
  • 12月から2月 社内でトライアル(オプションでオブザーバーも可能です)
  • 3月下旬から4月上旬 新卒研修という名のリーダー研修実施
  • 5月上旬 振り返り

今回の研修プログラムを通じて、人口が確実に減り採用が厳しくなる中で、新入社員を育て、会社の頼もしい仲間になってもらい、リーダーの成長にもつながるお手伝いができればと思います。

参考:新卒研修という名のリーダー研修